hirotchのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 南キャンしずちゃん、涙止まらず…『フラガール』の舞台・福島県スパリゾートハワイアンズへの思い

<<   作成日時 : 2011/04/12 04:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代が、女優として出演した映画『フラガール』の舞台であり、現在は被災者のために温泉大浴場を無料で開放している福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズへの思いを語った。
山崎が、映画『フラガール』に出演したのは2006年のこと。昭和40年のいわき炭鉱が閉鎖の危機の中、炭鉱の娘たちで結成されたフラダンスチームが、町おこしのために作られた常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の成功を目指すストーリーだ。炭鉱で働く父と二人暮らしのメンバー・熊野小百合を熱演した山崎は、同作での演技を認められ、日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。「肉体的にも、精神的にもすごくつらかった……」と厳しいダンスのレッスンに耐えながら頑張った当時を振り返った。
映画のラスト、スパリゾートハワイアンズの舞台に立ち、蒼井優らフラガールたちとフラを踊るシーンの撮影は今でも忘れられないという。「フラのステージはすごくつらくて、一日3回が限度でした。何度もくじけそうになったときに、ステージの上でみんなに励まされながら頑張ったのを覚えています」
観客を演じたエキストラはいわき市に住む地元住民の人々だった。撮影で一番苦労したのは、“泣き”の演技。必死に涙を流そうと集中しているときに、当時のいわき市市長が笑顔で「アンコウ鍋できたよ!」とやってきて、涙が止まってしまったこともあったというしずちゃんは「わたしにとっての青春でした」と語る。撮影の日々はいまも鮮明によみがえり、想い出のすべてに、福島の人たちがいるという。
現在、ハワイアンズはいわき市災害対策本部と協力して炊き出しを行ったり、被災者に大浴場を開放しているが、営業再開の見通しは立っていない。「営業が再開したら、フラガールズのみんなとまたハワイアンズに行きたいです」、そう言った瞬間、山崎の目から涙があふれた。ぽろぽろと流れる涙を止めることはできなかった。
ルミネTHEよしもとでは、連日被災地に向けてチャリティー募金活動を行っており、しずちゃんも芸人仲間とともに、募金活動を行っている。3月末に行われた第3回沖縄国際映画祭でも、大声で募金を呼びかけ続けた。「あのステージに立って、またフラガールズのみんなと踊りたい」、そう言った山崎の夢は、いつかきっと叶うはずだ。

事件・犯罪ランキングを見る

にほんブログ村を見る

ツイッターを見る

ペタしてね
>>事件・犯罪ランキングを見る
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 事件・犯罪
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ

にほんブログ村 芸能ニュース
にほんブログ村 ニュースブログ 芸能ニュースへ

にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

★鉄道ファン、模型ファンの方、必見!!★
「bocho2nは、見た...。」
「トトロのとなりは門川のブログ」

南キャンしずちゃん、涙止まらず…『フラガール』の舞台・福島県スパリゾートハワイアンズへの思い hirotchのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる