hirotchのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS スーちゃん、病床から肉声メッセージ

<<   作成日時 : 2011/04/26 06:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

告別式で、田中好子さんが入院中に録音したメッセージが、公開された。

何度聞いても、涙、涙、涙、である。

産経新聞より。

スーちゃん肉声公開「もっと女優を続けたかった」 最後のメッセージ再生

25日、東京・南青山の青山葬儀所で営まれた田中好子さん(享年55)の葬儀・告別式で、生前に録音された田中さんの肉声が公開された。病状が悪化していた田中さんは、か細い声で「息苦しくなってきました」と話す場面もあったが、「天国で、被災された方のお役に立ちたい」と東日本大震災の被災者を気遣い、「社会に少しでも恩返しができるように復活したい」と最後のメッセージを託していた。
葬儀・告別式では、キャンディーズのメンバーだった伊藤蘭さん(56)と藤村美樹さん(55)の弔辞に続き、参列者の焼香が行われた。その後、親しい友人や家族のみが祭壇の前に集まり、予定よりも長い約40分にわたって水入らずの時を過ごした。
続いて、夫で喪主の小達一雄さん(56)が、参列者やファンら計2100人を前にあいさつ。小達さんは「女優、田中好子の第1章は残念ながら幕を閉じましたが、第2章第1幕を今、スタートさせてあげたいと思います。好子さん! 行きますよ」と勢いよく声を張り上げた。
そして映画撮影に使うカチンコを取り出し、「第2章シーン1、テイクワン、よーい」と声をあげ、「カチン」と鳴らすと、「こんにちは。田中好子です。きょうは3月29日、東日本大震災から2週間経ちました」と、今にも消え入りそうな弱々しい田中さんの声が再生された。
参列者は息を呑み、声に聞き入る。田中さんは「私も一生懸命病気と闘ってきましたが、もしかすると、負けてしまうかもしれません。
でも、そのときは、必ず天国で被災された方のお役に立ちたいと思います」と、被災者を気遣った。
さらに、「蘭さん、美樹さん、ありがとう。2人が大好きでした。映画にもっと出たかった。テレビでもっと演じたかった。もっともっと、女優を続けたかった」と声を振り絞り、「いつの日か、妹、夏目雅子のように支えて下さったみなさまに、社会に少しでも恩返しができるように復活したいと思います。かずさん、よろしくね。その日までさようなら」と言うと、音声は途切れた。直後に小達さんが「カット! OK!!」とカチンコを大きく鳴らして、あいさつが終わった。
出棺の際、キャンディーズのデビュー曲「あなたに夢中」が流された。
会場に入りきれずにあふれ出たファンからは、「スーちゃん」という嗚咽とともに約300本の青い紙テープが霊柩車に向かって投げられ、最後までファンに愛され続けた田中さんは送られていった。

事件・犯罪ランキングを見る

にほんブログ村を見る

ツイッターを見る

ペタしてね
>>事件・犯罪ランキングを見る
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 事件・犯罪
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ

にほんブログ村 芸能ニュース
にほんブログ村 ニュースブログ 芸能ニュースへ

にほんブログ村 ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

★鉄道ファン、模型ファンの方、必見!!★
「bocho2nは、見た...。」
「トトロのとなりは門川のブログ」

スーちゃん、病床から肉声メッセージ hirotchのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる